Life

おすすめのワークチェア【結論チェアよりクッションだった!】

2020/12/20

おすすめのワークチェア【結論チェアよりクッションだった!】
kansetsutsuu_koshi

ワークチェア選びで迷ってる人「良いワークチェアが欲しいけど、選び方もよく分からないし高い買い物だから失敗したくないな…。おすすめのワークチェアが知りたいな。」

こういった疑問に答えます。

この記事の内容

  • 結論→ 1万円前後の最低限のワークチェアを買って、テンピュールのシートクッションを組み合わせる
  • おすすめのワークチェアとクッション
  • 念の為:今までに購入してきたワークチェアとクッションたち
  • おまけ:ワークチェアで腰痛にならない為に

僕はプログラマー歴6年目、仕事柄、今までにいくつもワークチェアを購入してきており、数々の失敗を経験してます。過去には安物のワークチェアで腰痛、坐骨神経痛になったことも…。

そんな数々の失敗を乗り越え、今は理想のワークチェアにたどり着いています。
(証拠として購入履歴を記事下部にまとめてあります)

この記事では、おすすめのワークチェアの選び方と辿り着いた結論について解説します。

結論→ 1万円前後の最低限のワークチェアを買って、テンピュールのシートクッションを組み合わせる

いきなり結論ですが、最低限のワークチェア+テンピュールのクッションが最強でした。

割合でいうとワークチェア:3、クッション:7くらいの比率でクッションが重要ですね。

いきなりワークチェアよりクッションって言われてもよく分からないですよね、
下記より順に解説していきます。

ワークチェアは1万円前後で品質安定する

ワークチェアの値段って5000円~20万円くらいまで本当にピンキリですよね。
僕自身の経験としては、1万円前後の商品から大体品質安定するなという感じです。

安いワークチェアを買った時の不満は以下のようなものかなと思うのですが、

  • 移動する時にギーギー音がする
  • リクライニングを倒すとギーギー音がする
  • 肘掛けが上に上がらなくてデスクにチェアが入り切らない

上記のような不満は大体1万円前後のものを買えば解決するかな、と思います。

10万円前後のワークチェアは、通常のデスクワークであれば過剰かなと思うのですが、以下の目的なら買っても良いんじゃないかなと思います。

  • 単純に所有欲
  • プロゲーマーで1%でもより良いものを買いたい
  • 明確に好きなワークチェアのブランドがある
  • どうしても欲しい特殊な機能がある(180度倒れるリクライニングなど)

なので普通にデスクワークで使うだけなら1万円前後のものが理想ですね。

チェアよりもクッションにお金をかけた方が良い

どんなに高いワークチェアを買ってもクッションがヘタってきたら終了ですよね。ワークチェアを丸ごと買い換えるって凄く勿体ないしコスパも悪いです。

ワークチェアはあくまで土台と考えて、そこに乗せるクッションを高級なものにすれば、クッションがヘタってきたらクッションだけ買い換えればいいしコスパ最高です。

しかもワークチェアの普通のクッションよりはるかに性能良いなら座り心地も最高です。

最高級のクッションを探した→ テンピュールだった

じゃあワークチェアに組み合わせる最高のクッションは何かと探したのですが、値段的にも品質的にもテンピュールのシートクッションが圧倒的に最高でした。

実物がこちら
workchair-02

既に1年ほど使用してるんですが全然へたりません。また、自分は坐骨神経痛ぎみで尾てい骨が結構痛むのですが、このクッションつかってるとかなり和らぎます。

実際にワークチェアと組み合わせるとこんな感じです。
workchair-01

サイズもちょうど良いです。クッションを組み合わせる事で本来のイスの高さよりも高くなってしまうので、ワークチェアは座面高低めのものがオススメです。

いやいや値段高すぎでしょ

ゲルクッションや通常のウレタンクッションなら2~3000円で買えますよね。それに比べてテンピュールのシートクッションは約1万円って正直かなり高いです。

自分も値段を理由に最初はゲルクッション、ウレタンクッション、と購入して試してきてるんですが、どれも底付き感が凄く全然仕事に使えなかったんですよね…。

「だったら最初から浮気せずテンピュールのクッション買った方がお金無駄にならなかったな…」

と今はとても後悔しています…。

この座り心地は実際に商品に触れてみないと分からないと思うので実際にお店などで試してほしいですね、値段の高さにも納得できると思います。

そもそもメッシュ張りのワークチェアなら問題ないんじゃない?

高級なモデルだとワークチェアのクッション部分がメッシュ張りになってる物もありますよね。

自分も「このタイプならヘタらないし最高じゃないか!」と思い店頭でいくつか試してみたのですが、個人的にあまりしっくりこなかったです。

ここらへんは個人の趣向によるのかなと思うのでメッシュ張りのモデルが気になっている人はそちらもアリだと思います。

ただメッシュ張りも使い続けていると生地が伸びてヘタってくるらしいので、どちらもデメリットはあるようです。

おすすめのワークチェアとクッション

記事のまとめとしておすすめのワークチェアとクッションを貼っておきます。

また、あえておすすめじゃない商品についても紹介しておきます。

近い値段でレビュー評価の高い商品があると迷いますよね。そういう商品についてもオススメできるかできないか書いておこうと思います。

おすすめのワークチェア

価格と性能のバランスで選ぶとこれが今のところ最安では無いかなと思います。現在僕が実際に使っている物でもあります。

聞き慣れないメーカーですが、ゲーミングチェアで有名なGTRACINGを作ってるメーカーなので信頼性高いです。アジアを中心に展開しているようなので座面高も日本人に合っていると感じます。

この他にも楽天やAmazonのワークチェアランキングで上位に入ってるものから1万円前後のものを選べば大体問題ないと思います(5000円前後のものは品質注意です)
» 楽天のワークチェアランキング
» Amazonのワークチェアランキング

おすすめしないワークチェア

あえておすすめしない商品についても紹介しておきます。それはこちら。
» IKEA MARKUS マルクス

誤解の無いよう書いておくと、品質とコスパはめちゃくちゃ良いです。
この商品はワークチェア選びで迷った事がある人は誰もが知っているような超メジャー商品です、自分も5年以上使ってきました。

ではなぜおすすめできないかというと

  • 座面高が日本人には高すぎる
  • 椅子を移動させるのが不便
  • 肘当てが動かせない

特に一番大きな理由が座面高です。

この記事を書いてる僕は身長175cmなのですが、この身長でジャストな感じです。これにシートクッションを組み合わせたら僕でも足が少し浮きます…(^_^;)

アジア人向けに最低座面高がもっと低くなってくれたらおすすめしたいのですが、現状だとあまり友人などには勧めにくいなと感じています。

他の理由で「椅子を移動させるのが不便」とありますが、これはIKEAのワークチェアほぼ全てに共通の仕様でして、人が座っていない時はローラーがロックされ動かなくなってるんです。

欧米ではこれが良しとされているようなのですが、日本人からすると結構違和感ありますよね、気にならない人にはおすすめかもしれません。

おすすめのシートクッション

これは記事内で既に触れてきてますが、テンピュールのシートクッションです。

この商品、Sサイズと通常サイズがあるようで、男性は通常サイズ、女性はSサイズ、家族兼用なら通常サイズで良いかなと思います。

Sサイズだと4000円くらい安いので、少しでも安く買おうとするならSですが、僕は通常サイズでちょうど良く感じているので男性がSサイズ使うのは注意です。

おすすめしないシートクッション

テンピュールのシートクッションと近い金額で関連商品によく出てくるのがこちら

値段もテンピュールより安いし知名度抜群の日本ブランドの物だし信頼もありますよね。

ただ残念ながらクッションには向かない素材だと僕は感じています。

もちろん実際に使用してまして、僕が使用したのはお笑いライブを見に行った時です。

会場にはエアヴィーブのクッションが全席に配置されており、試供品として宣伝されていたのですが、ライブ開始から30分ほどでお尻の痛みを感じました…(^_^;)

恐らく体重を面で支えるようなベッドには良い素材なのだと思うのですが、ほぼ点で支えるクッションとなると相性の悪い素材なのかな、と感じました。

なのでどうしても購入を迷うのであれば、店頭でどちらも実物を試しましょう。この意見にきっと共感してくれるはずです。

念の為:今までに購入してきたワークチェアとクッションたち

「お前本当にクッションとかワークチェアとか自腹で買ってきてんのか?」

との声もありそうなので一応きちんと自宅にある商品の実物写真を載せておきます。(既に廃棄済みのものは購入履歴の画像で代用してます)

  • バウヒュッテのワークチェア
    → 椅子を動かす時、リクライニングの時、全てでギーギー音がなり不便でした。
  • IKEAのMARKUS
    → 5年以上愛用しておりましたが、座面高が高すぎる、肘当てが固定されててデスクに収納できない、など小さな不便を感じていました、ただコスパは本当に良いです。
  • IKEAのFLINTAN フリンタン/NOMINELL ノミネル
    → 安いから何となく買ったものです。全体的に上記のワークチェアのシンプル版で、細かな不便さは解決されませんでした。
  • GTXMAN オフィスチェア
    → 現在使用しているワークチェア、IKEAの物に比べてプラスチック素材が多く見た目の高級感は劣るのですが、細かな配慮が多く、座面高や肘当ての可動性など、全てがきちんとしています。見た目にこだわらなければ100点かと。
  • ハナロロ ラウンドクッション
    → 完全に来客用ですね。底づき感凄いです。オシャレですが機能的ではありません。
  • チチロバ ゲルクッション
    → 巷で流行っているので買いましたが、意外なほど底付き感が凄かったです。恐らく仕事で長時間使用するには向いていないのでしょう。
  • テンピュール シートクッション
    → 買った時、最初からこれを買っておけば良かった…、と本当に思いました。全てにおいて最高です。きちんと成人男性の体重を長時間支えてくれる品質です。何も不満がありません

おまけ:ワークチェアで腰痛にならない為に

そもそもワークチェアの選び方を調べている方の本質的な悩みって腰痛だったりする事が多いです。そういう自分も腰痛になってから真剣にワークチェアを選ぶようになりました。

結論だけ書いてしまうと、スタンディングデスクにすれば解決します。
「ワークチェア検討しといて、ワークチェアいらんのかい!」
って話に見えますが、そうではありません。

僕は1日の中で4時間座り、4時間立ったまま仕事をしています。

これにより腰が固定されている時間が減り腰痛がほとんど治りました。

これについては後々記事を書く予定ですが、先行してコスパの良いスタンディングデスクだけ紹介しておきます。
» IKEAのSKARSTA スカルスタ

現状、IKEA1択かなと思います。
他のメーカーのものだと少しデザインが悪かったり値段が高すぎたりするので、初めてのスタンディングデスクで失敗しても痛くない金額、となるとIKEAかなと思います。

今回はこのへんで。
この記事を参考にしつつ自分なりの正解を導いてもらえると嬉しいです。

もしこの記事が少しでも参考になったらSNSでシェアしてくれると嬉しいです。😊

ではまた次回!😊

 Life    

© 2024 haitoblog